しょうたろうブログ

ほんの出来心から始めてみました。

足して2で割った方が?(下)

 
 
高崎エリアでは、「群馬県立歴史博物館」の展示の充実ぶりで時間をたっぷり使ってしまい、ランチで予定以上におなかいっぱいになった状態で、約30km離れた渋川エリアへ向かいました。
 
関越道を北へ進み渋川伊香保ICを過ぎると、登坂区間が続く赤城山の山麓部へ入り、「赤城自然園」の最寄の赤城ICで関越道を下りました。
 
当初10月の遠足ドライブは全然違う目的地へ行くつもりでしたが、ウッドチップの路を散策したいという急な思いつきだけの理由で、目的地を変更してしまいました。「赤城自然園」ならおそらくその条件に合致しているだろうと思いましたが、もし行ってみて万が一違っていたら(〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!
f:id:showtaro-aoki:20181030211813j:plain
f:id:showtaro-aoki:20181118151653j:plain
f:id:showtaro-aoki:20181118151823j:plain
そんな不安を抱きっっ、当初の思惑よりゃゃ遅れましたが、なんとか「赤城自然園」に到着しました。(*'∀')ノ
 

足して2で割った方が?(中)

 
 
関越道はアクセスまでが面倒で、今回も都心環状線を避ける意味も含めて、川口JCTから外環道経由の遠回りルートでのアクセスになってしまいました。
乗ってしまえば渋滞などもなく、ちょっとだけ上信越道を走って藤岡ICから一般道へ降り、最初の目的地へ向かいました。
 
もっと曇るかと思いましたが、途中までは意外に晴れ間もありました。しかし群馬県内に入ると曇天で、雨がぱらつきさうな空模様でした。ヽ(;Д; )
 
駐車場の入り方がわからずに少しスルーしてしまい、ちょびっと道に迷いながらも「群馬県立歴史博物館」がある「群馬の森」http://www.gunmori.com/に到着しました。(*'∀')ノ
 
f:id:showtaro-aoki:20181030211806j:plain
f:id:showtaro-aoki:20181030211809j:plain

平日なので混むこともなく、正面入口の駐車場(無料)に車を停めることができました。
この時ほぼ11時でしたが、この先タフなスケジュールなので少し早いですが、駐車場の真向いにあるお店でランチすることにしました。
 
 

足して2で割った方が?(上)

 
 

概要

日に日に秋めいてくる日々のうち、不意に”ウッドチップの路”を歩きたくなり、どこかなぃかなぁと思っていたら、たまたま以前に行ったことのある「赤城自然園」を思い出したので、遠足ドライブすることにしました。
 
どうせ赤城方面へ行くのであれば、今年5月の「貸切古代遺跡」の際に訪れた「黒井峯遺跡」http://www.gunmaibun.org/remain/guide/hokumo/kuroimine.htmlの出土品を見ることができる資料館が近場にあるようなので、この機会に訪れることにしました。
それならば同じくその時にパスしてしまった、「群馬県立歴史博物館」にも立ち寄って、「綿貫観音山古墳」http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2013121600309/などの出土品を見るのも良き哉と思い、合わせて巡ることにしました。
f:id:showtaro-aoki:20181030211813j:plain
f:id:showtaro-aoki:20181030211806j:plain
f:id:showtaro-aoki:20181030211839j:plain
紅葉温泉するにはまだ少し時季が早いとは思いますが、温泉県の群馬を訪れるのだから、どこかで温泉に入れれば完璧カナ?(ノ´∀`*)
 

戸越公園と九品仏浄真寺 in 鴻雁来【城南特別編】

 城南地区の庭園をおさんぽしてみようと思い立って、大名庭園がルーツの「戸越公園」を訪れてみることにしました。また同じ東急大井町線沿線に「九品仏浄真寺」というお寺があり、そこの寺院庭園が(・∀・)イイ!! らしいので、そちらと組み合わせてお出かけすることにしました。
 
どうせ戸越へ行くのであれば、「戸越銀座商店街」http://www.togoshiginza.jp/や「文庫の森」https://shinagawa-kanko.or.jp/spot/bunkonomori/にも寄り道できるので、「戸越銀座」方面からアプローチすることにしました。
f:id:showtaro-aoki:20181022154046j:plain
f:id:showtaro-aoki:20181022154105j:plain
f:id:showtaro-aoki:20181022154043j:plain
「文庫の森」の池には、中国式っぽい九曲橋が架けられています。

須藤公園と旧朝倉文夫氏庭園 in 蟄虫坏戸【寄り道編】

 
 
「六義園」近くの上富士前バス停から、都営バス 上58系統 上野松坂屋行きに乗って不忍通りを上野方面へ進むと、谷中・根津・千駄木の通称「谷根千」エリアにアクセスすることができます。
 
今回は「ふらっとおさんぽ庭園」の番外編として、レギュラー庭園のおさんぽ帰りに、このエリアにある2っの庭園に、寄り道していくことにしました。
f:id:showtaro-aoki:20181016184002j:plain
f:id:showtaro-aoki:20181016183957j:plain
今回寄り道した「須藤公園」と「旧朝倉文夫氏庭園(朝倉彫塑館)」